FrontPage  Index  Search  Changes  Login

PowerShot S30の修理

2001年11月にリリースされたデジカメ。2003年6月に29,800円(型落ちなので安い)で購入した。

CCDが1/1.8inchと大きく、また画素数も320万画素と必要以上に多くない。つまり一素子当たりの受光面積が大きいので、S/N比は良いはず。

また、わりと細かいマニュアル撮影もできるため、かなり気に入っているコンパクトデジカメである。(もう少し薄いと嬉しいけれど、光学系を小さくすると歪みが目立つので、これは我慢するしか無いですね。)

SET ボタンがうまく押せない

SETボタンがきちんと機能しなくなったので、解体して修理した。 (以下の写真は、iSight を使って撮影しました。)

powershot_s30_2.jpg

まずは上のようのばらして、

powershot_s30_1.jpg

さらに、ココ、と書いた部分を分解してみると、 上下左右+SETボタンをフィルム基盤に取り付けているハンダがひとつ外れていた。ハンダをつけ直してやるとちゃんと作動するようになりました。これでまだまだ現役で使えます。^-^)/

Last modified:2005/10/16 21:39:30
Keyword(s):[repair] [PowerShot S30]
References:[Hardware]