雑記 - Asahi Pentax 67 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

お化けのように大きなペンタックス、通称バケペン。

1966年のフォトキナにてプロトタイプが発表され、1969年に発売された 6x7 判一眼レフカメラ Asahi PENTAX 6x7。その後発売から 30年の間、基本構成を変えずに作り続けられたロングセラー機。(1998年に渡ってロングセラーを続けたらしい後継の 67II に本機は1989年に名称が変わった 6x7 から 67 モデルに変わったのだけれど、本機(下の写真、左)はその 67 モデルの方 知ってる人が見れば分かりますがこの TTLファインダーは 6x7 時代のものだけれど、時代のもの。だけれどオーバーホール時に内部基盤を内部基盤等を後期のものに交換済みとのこと。)

事の始まりは 3千円ほどで購入した [[auto110|Asahi Pentax auto110]] かもしれない。元々 35mm判フィルム機はあれこれ使っていたのだけれど {{attach_view('Pentax_67_MX_auto110.jpg')}} MX110フィルムを使ったことでフォーマットの違いを意識するに至った。
で、フォーマットの違いによって何が変わるのか、様々な話は聞くけれど結局のところ自分自身で試してみないことには本当のことがわからないよね、
auto110 考えたのが始まり。小さい 110 フィルムの逆となると 120 フィルムの中判。となると、PENTAX フリークとしては、バケペンしかないですよね。
しばらくの間あちこちを探した後、[[K2|Asahi Pentax K2]] や [[MX|Asahi Pentax MX (Black)]] でお世話になった高松のヒガサカメラサービスさんで整備された品を購入することに。
並べて

ちなみにきっかけはついつい購入した可愛い [[auto110|Asahi Pentax auto110]](上の写真もうひとつ購入動機があった手前)フォトキナでバケペンのプロトタイプが発表された年というのがそれまで 35mm判フィルム機はあれやこれや(例えば上の写真右の [[MX|Asahi Pentax MX (Black)]] )使っていたのだけれど私の生年と同じなのです110フィルムを使ったことでフォーマットの違いによる差を意識するに至った([[Rollei 35]]も
フォーマットについていろいろな話は聞くものの、その違いを理解するには結局自分自身で使ってみないとなぁ、と考えはじめたのが事の始まり。小さい
1966 年発表110 フィルムの逆となると 120 フィルムの中判)なのでとなるとPentax 6x7 は昔から気にはなっていた存在なのですPENTAX フリークとしては、、、バケペンしかないですよね

そんなことを考えていたとき、カメラ屋さんのジャンクコーナーで偶然 PENTAX の中判用ストラップを発見。\800 也。帰ってビニール袋を開けてみてビックリ、何と汚れ一つ無い未使用品!あぁ、何という巡り合わせ、Synchronicity でしょう。
ストラップを手にしたのだから、あとは本体を買うだけです。;-p

しばらくあちこちで探した後、[[K2|Asahi Pentax K2]] や [[MX|Asahi Pentax MX (Black)]] でお世話になった[[高松のヒガサカメラサービス|http://higasacamera-takamatsu.com/]]さんでオーバーホールされた品を購入することに。(いつもありがとうございます。)
届いた品を見ると、傷もほとんどない美品。何よりプロによってきっちり整備されているので安心して使えます。(2017/06)

ちなみに、実はもうひとつ購入動機がありまして。。。
実はバケペンのプロトタイプがフォトキナで発表された年が私の生まれ年と同じなのです。(ちなみに数年前に購入した [[Rollei 35]]も同年のフォトキナで発表されたはず。)
そんなわけで Pentax 6x7 "バケペン"は昔から気にはなっていた存在だったのです。

今フィルム機が売れているみたいですね。なんでも、バケペンは女性にも人気だとか。結構重いんですけどね。f^-^;;
大きなバケペンを振り回して撮っているのを想像してみると、とてもカッコイイですね。

有り難いことに今も Ricoh-Imaging のサイトに 67 の使用説明書が今も置いてある置いてあります。→
[[PENTAX 67 使用説明書(PDF)|http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/man-pdf/67.pdf]]
基本的に一眼レフの使い方を知っていれば難しいところはありませんが、ちょっと違うところもあるのでよく読んで使いましょう。

当面の間レンズは新品を確保できた [[55mm F4|SMC Pentax 67 55mm F4]] 一本で楽しんでみるつもり。→ 後にお手頃価格の [[200mm F4|SMC Pentax 67 200mm F4]] や銘玉 [[165mm F2.8|SMC Pentax 6x7 165mm F2.8]] をゲット。→ さらにジャンクコーナーから標準の [[105mm F2.4|Super-Multi-Coated Takumar 6x7 1:2.4/105]] を救出。これだけあれば、十分に楽しめます。

(追記)フォーマットの違いについて。初撮りということでポジを一本撮っただけなのに現像からあがってきたフィルムを見て 6x7 版の素晴らしさがわかりました。こりゃすごい!なんと美しいことか…。中判に嵌まる人の気持ちが分かりました。こんなことならもっと早く手を出せばよかったな…
ほんと良いですよ、バケペン。

(追記2)2018年2月初め、駅前の中古カメラ屋さんにて木製グリップを確保。バケペンに取り付けてみると、寸分の狂いもなくビシッと固定されて何とも小気味よい。(グリップなんだから当たり前かもしれないけどね。)左側の持ち手ができて確かに安定感が増しますね。これはいいものだ。

(追記3)2019年1月、駅前の中古カメラ屋さんにてウエストレベルファインダーを購入。

(追記4)2019年2月、閉店が決まった(泣)キタムラ可部店にて、オート接写リングセットと Kenko テレプラス MC6 AP67 2X を入手。システムが揃ったなぁ。

!サンプル
千円で買って直したジャンクの [[Super-Multi-Coated Takumar 6x7 1:2.4/105]] を付けて撮ったもの。

なおサンプルといっても、きちんとスキャンしたものではありません。でも凄いでしょ。ルーペで見たら、もっときれいに写っています。
(ライトボックス代わりの iPad の上に置いて、三脚固定した KP + DFA50mmMacro で撮った。フィルムの平面はきちんと出してないし、レンズの角度も適当なのでご参考まで。)

 {{attach_view('takumar6x7_105_sample.jpg')}}