FrontPage  Index  Search  Changes  Login

Camera

所持していた or 所持しているカメラたち。手にした時系列に沿って記入する。昔から機械モノが好きで、特にレンズなどの光学製品には惹かれてしまうため、着々とモノが増えている。;-p

現在のメイン機材は、Ricoh と Pentax のカメラ達。赤い糸で結ばれたこの二社がまさか一つの会社になるとは思ってもいませんでしたが、両方使っていた私としては嬉しいところ。 Ricoh と Pentax のカメラは趣味性の高さだけでなく、 UI が秀逸だと思うのです。(他の会社にもそれぞれ良いところはあると思いますけど)

ハーフカメラ(不明、Olympus Pen S?)

幼少期に(壊れて使えなくなった)小さなカメラを玩具にして遊んでいた記憶があります。写真を撮る真似をしていたかな。壊れていた(確か裏蓋もなかった)ので写真機とは呼べないかもしれませんが、このことが光学製品などを含めた機械物に惹かれるきっかけになったのかもしれません。 ただ、それが何というカメラだったのか記憶が定かでなく、思い出すことができません。(なにせ小さかった時分のことなので。)

中古カメラのオンラインショップにあった Olympus Pen S の写真を見たら、四角いシャッターボタンの形状だとかレンズ部分のギザギザや距離の刻印だとかフィルムカウンターだとかが記憶と一致。(記憶がフラッシュバックしました。記憶の仕組みは面白いですね。)100% ではないけれど Pen S (或いは Pen シリーズのどれか)を触っていたことがありそうです。(幼少期に玩具にしていたカメラではなさそう。おそらく Pen は小学生の頃(?)に弄っていたのだと思われます。母によれば、父はカメラを何台か買い変えていたようなので、その中の一台ではないかと…)

Canon AE-1 + FD 50mm F1.4 S.S.C.

中学生の頃に初めて使った銀塩一眼レフカメラ。 その当時から電子工作好きだったので、Canon がカメラの電子化を進めていたことに興味を持ったり、Canon の冊子に書いてあった蛍石レンズに(意味も分からないのに)憧れたりしていました。

当時はもちろんお小遣いも少ないですから、写真一枚を撮るのにも緊張しましたね。デジタルカメラは気楽に何枚でもシャッターが切れるので良いですね。

学生時代に父から譲り受け、メンテナンス済み。研究室の棚で飾りと化している。  AE-1.jpg

Olympus Camedia C830L

初めて買ったコンパクトデジタルカメラ。1999年8月、LT22 が開催された Finland へ行く前日に近所の電気屋で慌てて買ったもの。既に手元にはない。

Canon PowerShot S30

2003年6月、C830L の代わりに型落ちで安く購入したもの。イギリスとかいろんなところに連れて行った。ずんぐりむっくり。スイッチの具合が悪くなってばらして直したことも。バッテリーはへたっていますが今でもちゃんと使えます。

 PowerShot_S30.jpg

Ricoh GR Digital

2006年12月、S30 の後継として購入。 写真撮影自体の面白さを知るきっかけになった、とても思い入れのあるデジタルカメラ。広角単焦点はオススメ!

ほぼ常に携帯し、イギリスとかオランダとかにも連れていった。前玉に小さな疵が付いてしまったが今でも現役。

 GRD.jpg

Ricoh R10

高倍率ズームのコンパクトデジカメ。GR Digital の予備として購入。 GR Digital と共に Ricoh のサポートの良さを知るきっかけになった。

便利で結構いいカメラだと思うのですが、、、どうも GR Digital の方が手に馴染む(気に入った絵が撮れる)ので稼働率が上がらず数ヶ月で売却。

Pentax K-x + DA18-55

2009年10月、初めて購入したデジタル一眼レフカメラ。小型軽量でカラーバリエーションがあり高感度特性も優秀。巷でもたくさん売れたそうだ。

 Kx.jpg

この K-x を手にしたことでレンズ沼にズブズブと、、、PENTAX には手頃で楽しい単焦点レンズが多過ぎる。その上、何十年も前のレンズだって現役で使えるし。もちろんそれも PENTAX を選んだ理由の一つなのですけどね。

この K-x は K-5 購入の際に下取りに。手元に置いておこうか最後まで迷いました。

Pentax MX + SMC Pentax-M 50mm f/1.4

広島駅前の中古カメラ屋さんで購入。フルメカニカルな銀塩一眼レフカメラ。フルサイズなのにとても小さなかわい子ちゃん。内外共に非常に良いコンディションで、とても良い買い物だったと思う。 時折取り出しシャッターを切ってみたりしながら、悦に入ってみたり。 (銀塩なので)使用頻度は低いものの、しっかり現役。:)

銀塩カメラは、フィルムの味わいはもちろんのこと、シャッターを切る瞬間の緊張感も楽しいですね。

 MX.jpg

Pentax K-5

PENTAX 渾身のデジタル一眼レフカメラ。2010年11月、DA18-135 レンズキットを予約購入した。前モデル K-7 のウイークポイントを全て塗りつぶした名機(だと思う)。

 K5.jpg

筐体はマグネシウム合金で、エッジの効いた男っぽいデザインで実に格好良い。PENTAX の上位機種(645Dは別として)なので、出し惜しみ無くあらゆる機能が詰め込まれている。基本的に PENTAX はユーザ目線に立ってアマチュアのためのカメラを作り続けており、プロ機も作る他社メーカーではこうはいかないだろう。(アマチュアのためのカメラ、というのは褒め言葉。アマチュアに手の届く楽しいカメラやレンズを作っているのですから。)

この K-5、GPS ユニット O-GPS1 を用いて簡易的な天体追尾撮影可能。これは PENTAX の手ぶれ補正機能を巧妙に利用したもので画期的な製品だと思う。これだけでも PENTAX にする意味があると思う。これで星空を撮ってみると本当に感動しますよ。

(追記)新しい機種が出ても K-5 は手元に置いておくつもり。レンズの AF 調整の際には、この K-5 を一緒にメーカーさんに送っている。言わばこの K-5 が私にとっての基準機という訳です。

K-5 と MX とミニチュア

 K5_MX.jpg

Pentax K-01 | Pentax Ricoh Imaging

マークニューソンデザインの K マウントミラーレスカメラ。少し価格がこなれてきた 2012年4月末、レンズキットを購入。

 K-01.jpg

ちょっと他には無い大きさとデザインのミラーレスカメラ。しかし中身を見てみれば、基本に忠実に作られた K マウントの APS-C デジタルカメラで、画質はとても良好。拡大表示やフォーカスピーキング機能を使うと(上の写真の XR Rikenon のような)マニュアルフォーカスの古いレンズも非常に楽しく使うことができる。 何よりポップなデザインのおかげで、被写体の自然な笑顔が得られるのではないかと思う。

ヘルメットを被っていても使える K マウントカメラであることも、個人的には良い点だったりします。

(追記)当初この手のミラーレスも良いと思っていたけど、外で使う時にファインダーが無いのは少々辛いですね。なので稼働率は低い状態です。やはり K マウントは OVF でないと。ただこの機種はいろんな意味で記念的なモデルだと思うのでずっと手元に置いておくつもり。

(追記2)昔の写真を見返していて「おっ、これ上手く撮れてるな。何で撮ったんだろう?」と調べてみたら K-01 + XR Rikenon 50mm F2 だったというものが沢山ありました。ファインダーが無いということを差し引いても良いカメラなのは確かなようです。大事にしよう。

Ricoh GR Digital IV

初代 GRD の修理で銀座のサービスセンターの方にお世話になったので、GRD の後継機種は何時か必ず買うぞ!と決めていた。2012年8月に購入。

 GRDs.jpg

初代 GRD (写真右)と比べると、レンズから何からいろんなところが格段に良くなっている。だけれども見た目は全く変わらない。この安心感。IV で搭載されたというインターバル合成モード(比較明合成)がいいですね。

何時でもスナップ出来るように、メタルキャップを付けてウエストバックの中に放り込んである。

(追記)GR が来てから GRD4 の稼働率が落ちてしまった。想像はしていたことだが、、、GR 程ではないけど、これも良い絵が撮れるので活用場所を考えたい。→ 現在貸し出し中

Pentax K-5 IIs | Pentax Ricoh Imaging

予約注文して2012年10月19日に手元に。K-5 の真っ当な改良モデル。AF を大幅に改善し(暗所での AF にびっくり!)、さらにローパスフィルタを無くすことで解像感を大幅に上昇させている(これまた凄い差です!)。あと液晶もきれいになっていますね。

 K5-K5iis.jpg

念のため、右が K-5 IIs です。K-5 とガワが全く同じですけど、 モデルチェンジ毎に意味も無くデザインや操作体系を変える必要はないですから、これで良いと私は思います。

少しずつ K-5 との違いを検証しているのですが、K-5 では「今ひとつだなぁ」と思っていたレンズの本当の性能を引き出してくれて、二度美味しい感じです。ガワは同じでも中身は別物のように思えますね。

(追記)K-3 の発表に衝撃を受け、K-3 購入時の下取りに出すことに。K-5IIs 自体も間違いなく良いカメラなのだけど、K-3 はそれを全ての面で上回っており、私の使い方では完全に被ってしまい K-5IIs を使わなくなるのは必至。(K-3 唯一の不安は 24Mpixel センサーの出来具合。その保険というわけではないが、16Mpixel センサーの K-5 と K-01 を残してある。)

Pentax Q10 ダブルズームキット | Pentax Ricoh Imaging

 Q10.jpg

値段がこなれてきた 2013/03 に購入。せっかくなので、サンドベージュ+ブラウンで。Auto110 のマロンモデルっぽい?かな。(レンズを入手するのが目的で、ボディはどちらかというとコレクションかも :p 置いておくだけでも可愛いしね)

話に聞いていた通り 06 レンズが中々良い写りですね。バッテリーの持ちが悪いのが難点。次に出ると予想されている(本命の) 1/1.7 素子モデルが楽しみです。

(追記 2013.06.10)Q7 という 1/1.7 inch モデルの噂がきた。うーん、デザインが Q10 と同じっぽいですね。

(追記 2013.06.17)いろいろ記事等を見てみると、Q7 の内部は随分手が入っているみたいなので、性能アップを期待できそうな。

GR | Pentax Ricoh Imaging

2013/4/17 に発表された、APS-C CMOS 素子搭載の新型 GR。スペックを見るとクラクラします。素晴らしすぎる。 初代 GR Digital で写真撮影自体の面白さと奥深さを知った身にとって、 買わない理由が全く思いつきません。最強最高のスナップシューターじゃないでしょうか。

こちらの記事とか読んでみると、全く妥協のない GR レンズとか、その GR レンズに最適化設計された CMOS とか、、、くぅぅ、たまりません。

 GR_GRD4.jpg

発表日に速攻で注文し、発売日(2013/05/24)の昼に届きました。GR Digital IV (写真右)と並べてみるとほとんど大きさは同じ。このサイズで APS-C & GR レンズだなんて、ほんと素晴らしい!操作感も良いですね。

幾らか撮ってみましたが、やはり換算 28mm の画角はいいですね。それにさすが GR レンズ、良い絵です。 操作体系は基本的にこれまでと同じ、親指AFやTAvモードが使えるようになり、より便利になりました。また従来のGRDよりも横幅が少し広くなった(銀塩GRと同寸法)ことで、よりグリップしやすくなりました。 それから液晶も高精細になって見やすくなりました。 デザインや質感が変わっていないのも質実剛健な Ricoh らしく好感が持てます。(高級感を出そうとしている製品もアリでしょうけど、"道具"として本当に必要なのは何か、という話)

カタログにあった通り GRD4 よりも起動は速いし AFも高速。撮りたいと思った瞬間を切り取ることができます。やはり現在最強のスナップシューターですね。手ぶれ補正が無いことを残念がる方もいるようですが、元々 GRD には手振れ補正は付いていませんでしたし(GRD4 には付いていましたが効いていたのかどうか?)、そもそも28mm相等の広角なので気合を入れれば手振れは防げるので全く問題だと思いません。(仮に Pentax の SR なんぞを載せたら、分厚くなってしまいますしね。)

そうそう、NDフィルタや35mmクロップがなかなか良いです。なので、キーカスタマイズで Fn1 と Fn2 キーに割り当てています。思ったようにカスタマイズ出きるのでとても便利 :-)

唯一つ気になる点をいうと、近接距離でのマクロで AF が迷うことがあること。合うときにはちゃんと合うので、どういう条件下で合わせられないのか不明。とりあえずAFを「ピンポイントAF」にすると合焦しやすいような気がする。従来の 1/1.7inch CCD な GRD は 1cm マクロだったので、その調子で被写体に近すぎている可能性もありそう。(新型 GR のマクロの最短距離はレンズ先端から 10cm) 改善の余地はありそうなのでファームウェアアップデートを期待したい。

(追記)使い始めて一ヶ月経過。素晴らしいスナップシューターですね。毎日持ち歩いて目についたものをパチリパチリ撮っていますが、実に良い写真が小気味よく撮れます。いやぁ、このカメラは価格以上の価値がありますね。買ってよかった!

(追記2)使い始めて八ヶ月経過。初代 GR Digital と同じように、常に携帯して利用している。使い易く素晴らしい画質のスナップシューター。ほんと手に馴染む素晴らしいカメラです :-)

(追記3)蝶や昆虫を撮るのに結構向いている。28mm は広角なんだけど、コンデジなので腕をそぉっと伸ばし蝶達にカメラを近づけて撮るということが可能。トリミング前提だけど、ローパスレスでありレンズが良いことも相まってキレの良い絵が面白いように撮れます。

Pentax Q7 | Pentax Ricoh Imaging

1/1.7inch センサーの Q7 ボディキットが届いた。カラーはオリーブグリーンに。Q10 と並べてみると↓

 Q7_Q10.jpg

これって、迷彩色の組み合わせ… ^-^;;

肩肘張らずに、ぼちぼち楽しく使っていくのが、このカメラには合っている気がします :-)

 PentaxQ7+lens.jpg

気付いたら随分レンズが揃ってしまったような…単価が安いからなぁ

軽いのは良いですね。ちっちゃくて可愛いのに、一丁前に撮れるので楽しいです。あまりの小ささ故に操作が難しいこともありますが、それはトレードオフですからね。

唯一気になる点をを上げるとするならば、バッテリーの持ちの悪さでしょうか。バッテリーサイズが小さいこともあるのでしょうけども…それ以外は満足しています。可愛いですよ〜。

Rollei 35

随分前から自分と同世代の銀塩カメラを一台入手したいと考えていた。ノスタルジーと言われれば全く反論できないが… たまたま Pentax Q 関連の情報を調べていたときに、Rollei 35 の発表が私の生年と同じ年であることを知った。そしてこの Rollei35 がハードウェアとしても非常に興味深いカメラだと分かり、馴染みのお店にいろいろ教えてもらって程度のよい初期型(Made in Germany)を入手。(2013/07/13)

この時代の精巧な機械式カメラは、現代の使い捨て電子機器とは物としての存在感が違いますね。仕事柄情報機器に囲まれているので、尚更そう感じるのかもしれませんが。

 Rollei35.jpg

Rollei35 が発表された頃、Olympus Pen シリーズをはじめとする日本製のハーフカメラが流行っていたそうです。これらのハーフカメラよりもコンパクトなボディに、当時最高の一流品(Carl Zeiss の Tessar レンズ、Deckel の Compur シャッター、Gossen の露出計)を詰め込んだのが、この Rollei 35。席巻しつつあった日本製ハーフカメラに対する、ドイツの名門 Rollei-Werke Franke & Heidecke GmbH の返答だったのではないかと思っています。高価ではあったものの世界的にヒットしたそうで、長らく世界最小の 35 mm判カメラの座を守ったのだとか。言ってみれば今の高級コンパクトカメラの大親分みたいな存在ですね。(ちなみに上の写真右に写っている Pentax MX は 1976 年に発売された世界最小の 35 mm判一眼レフカメラです。小さいモノ、大好きなのです ;-p)

この Rollei 35 の登場によってハーフカメラは衰退していったとも言われています。性能もさることながら、そういったカメラの歴史から見ても記念碑的な一台ではないでしょうか。 

ちなみに、この Rollei35 は目測によるピント合わせです。ピント合わせが難しいような気がしますが、必要な時は絞りを絞ってしまえという訳です。今では AF が当たり前ですが、昔(1960年代)はそういうカメラが普通だったのでした…

ソフトケース

ケースに入れていないと露出計が常に動きっ放しになるので、遮光性のあるソフトケースが必須。純正のソフトケースは草臥れていたので別のものを探すことに。せっかくのコンパクトさをスポイルしないように、ゴツい物は避け、純正のソフトケースと同程度のものを探した。で、同程度の緩衝能力と思われる ELECOM のDGB-059を選んだ。大きさはピッタリ。Manfrotto のSTILE ナノ・カメラポーチ 1型も丁度いい大きさだったけど、ストラップを通す穴のあるエレコムの方が普段使いには良さそう。(何より安いしね。)但し Manfrotto の方がしっかりしていて緩衝能力は高そうです。

フード

試写してみたところ、ある条件下で上下にフレアが出てしまうことに気付いた。当初光漏れがあるのかと疑ったが、それにしては光の入り具合が変。 そこでペンライト片手に内部構造を調べてみたところ、光がレンズに対してある角度で入るとレンズ鏡筒の内部に入り込むことが分かった。どうやらこの入り込んだ光が鏡筒内部のレンズ出し入れ用のガイドレール(一応黒墨で塗られている)の一部で反射されてフレアが発生したと思われる。(後で調べてみたら well-known な事柄だった。ちゃんと調べとけよ > 自分)

またフレアの入っていない写真についても、晴天時に外で撮った写真が他に比べて露出高めで締まりがない感じ。(ベーリンググレアか?)

これらへの最も効果的な対処方法はレンズフード等を使ってハレ切りすることなので、適当なフードがないか物色中。

例えばここのメタルフードはこんな↓感じ

 Rollei35_hood1.jpg Rollei35_hood2.jpg

また、UN の 5124 も 24mm で Rollei35 に使えるとある。こちらの方は、ゴムで折りたためるので携帯には向いていそうだ。ただ一点懸念が。フィルター取り付け用に取付部が少々厚いために、入射光が蹴られる(光量落ち)かもしれない。これについては、調べてみてページを改めて書いておくつもり。

画角についてのメモ:水平画角48度、垂直画角33度、対角画角57度 (ここ参照)

Pentax K-3 | Ricoh Imaging

2013年10月8日発表。大変なものを出してくれちゃいました。フルサイズを待っていたので、K-3 はスルーするつもりだったのですが(苦笑い)

足回りとなる基本機能の大幅な強化の他、盛りだくさんの機能。K-5系のここを直してほしいんだよなぁ、と感じていたところに事細かく手が入っています。詳細スペックを見てノックアウトされちゃいました。 現時点での APS-C 最強じゃなかろうか。。。昨年同時期に出た K-5IIs は、この K-3 を出すまでの"繋ぎ"だったのではないかと思えるほど。

数ある機能の中で興味深いのはローパスセレクター。ボディ内手振れ補正ユニットを流用してメカニカルにローパス機能を実現するというもの。(多分、特開2008-035241 辺りが該当特許)ボディ内手振れ補正の新たな活用方法に驚きです。

11/1 午前中に到着。(が、ちょっと色々あって触ったのは翌日 11/2 から) ローパスセレクターを試してみたのだけど、ほんとに効いてますね。これ、面白いなぁ。調整済みの DA35mm Ltd やら K-3 と一緒に頼んだ DA★50-135 等を付けて試写してみたんだけど、解像感のある絵が撮れます。また K-5IIs に比べて、全体的に動作が速くなっている他、UI にも細やかな改善が施されているのが良いです :-)

DxOMark によればK-5IIsに比べセンサースコアが若干下がっているらしいけれど、こんな僅かな数値差を気にするのはアホくさい気が。まぁまずこの差は分からないと思います。そんなことよりも、カメラとしての使い勝手が大きく向上していることを評価したいです。

AFボタンの位置が微妙。(利き目が左目のため)左目でファインダーを覗くのだけど、AFボタン上の右親指が邪魔になってしまう…この方が良いという方もおられるでしょうが、他のボタンと入れ替えられればなぁ。

O-ME53

K-5 や K-3 のファインダーに付ける拡大アイカップ。視野倍率を約1.18倍するというアクセサリ。時々 K-5 に付けて撮影していた。 標準の視野倍率が約 0.95 倍になった K-3 に取り付けたら、視野倍率がおよそ 1.12 倍にまで上げられることに気付き試しに付けてみたら…これ、いい感じ。

茂みの中で小さな鳥を撮ろうとすると AF はまず無理なので MF にせざるえない。DA★300 を付けて MF で撮影しながら「K-3 のファインダー、良くなったなぁ」と感心していたんだけど、O-ME53 を付けたらもっと捗るかもしれない。今度鳥を撮るときに試してみよう。→ 営巣中のエナガを撮るのに使ってみたけど、とても良い感じです。オススメ。

レンズ

K マウントレンズ群

少しずつ増えている。:p

Pentax のレンズには、SMC と呼ばれるコーティングが施されています。これが非常に優秀。フレアやゴーストがとてもよく抑えられています。また一部のレンズの前玉には、SP コーティングと呼ばれるとても丈夫なコーティングも施されており、無駄なフィルターを使う必要がありません。

Kマウント用コンバーター

  • F AFadapter1.7X
  • HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AW

以下は中古

K mount ですから、30年以上前の銀塩カメラ(MX)にも最新のデジタル一眼レフ(K-5,K-01)にも装着可能 :)

K マウントレンズ群(サードパーティ)

Q マウントレンズ群

  • 01 Standard Prime 8.5mm F1.9
  • 02 Standard Zoom 5-15mm F2.8-4.5
  • 03 Fish-Eye 3.2mm F5.6
  • 06 Telephoto Zoom 15-45mm F2.8
  • 07 Mount Shield Lens 11.5mm F9

C-PLフィルタ

風景を撮るには円偏光フィルターは欠かせないとのことで、77mmと49mmの C-PLフィルタを購入。

確かにスッキリとした絵になるのだけど、まだうまく使いこなせない。反射光はあらゆる所から来ているので、どの反射光をカットするのが良いか毎回悩んでしまう。とはいえ、考えないといけないことが面白いのだけどね :-)

簡易防湿庫のようなもの(食品保存用ケース)

カメラやレンズはカビを生やさないように、ある程度湿度調整したところに保管する必要があるのだそうです。(湿度は低すぎでもダメらしい。) とはいっても高い機材がたくさんある訳ではないですから、高価な防湿庫を購入するのではなく、コストパフォーマンスを考えて簡易なボックスを使っています。

カメラ屋さんとかに行けば簡易ドライボックスを売っています。ですが、それよりもずっと入手し易く価格も安くしかも丈夫な、食品保存用のケースを利用しています。(米びつに使えるタイプだとパッキンも付いて密封性も良いですし、結構な荷重にも耐えられます。食材はずっしり重いですからね。)

後は乾燥剤。これはカメラ用品店で防湿防カビ剤を買ってくるのも良いでしょうし、楽器の湿度調整に使われるシリカゲル(B型)や湿度調整シート(例えば東洋紡のモイスファインのような吸放湿繊維)を併用してみるのも良いと思います。

カメラ業界の製品にとらわれず、他の業界の商品にも眼を向けてみれば、リーズナブルで便利なものがたくさんあります。アマチュアなんですから楽しく工夫したいですね。

Last modified:2014/02/14 14:18:07
Keyword(s):[カメラ] [Ricoh] [Pentax] [MX] [GR Digital] [K-5] [K-5 IIs] [K-01]
References:[Optical Instruments] [SideMenu]