PENTAX K-3 markIII - Ricoh Imaging

新型コロナウイルス騒動で発売に遅延が発生中。2020年10月27日に髙橋社長の動画メッセージが公開され、2021年2月のCP+の頃に発売の予定とのこと。スペックの詳細も公開された。名称だけみると K-3 の後継のように感じてしまうが、ボディデザインは K-3 や K-3II と違うし、中身(ファインダー周り、AFユニット、処理エンジン、、全て)も新規設計なので全くの別物。(別の名前にしても良かったと思いますが、何か考えがあるのでしょうね…とりあえず、APS-C フラッグシップは K-3 XX という名称でいくのかな。)

さて遅延の主因となった今回のコロナウイルス騒動。社会生活にも私たち自身の心にも多大な悪影響を及ぼしている。(私もメンタルに結構来てます…)リアルなモノを作りだすメーカーさんにとっては特に厳しいだろうこと想像に難くない。規模の小さいPENTAX(Ricoh-Imaging)さんにとってはなおさらではないかと。。。PENTAX のモノづくりをずっと応援しているので、開発&製造に関わっておられる方々にエールを送りたい。

なんのかんので価格は高くなりそうではあるが、スペック的(特にファインダー!)にもデザイン的にもとても好ましいカメラボディ(とても好み♪)なので、もちろん購入は決定済みですよ、はい。(アストロトレーサーを時々使うので GPS 無しがちょっと気になるくらいかな、マイナスは。)

一眼レフにとってもっとも大切なファインダー周りに力点を置いて作られたカメラボディとのこと。そのために加工が極めて難しい高屈折ガラスを用いて新規にペンタプリズムを作ったのだとか、ファインダー倍率は 1.05倍だとか、いろいろ。PENTAX 初号機である Asahi Pentax AP のファインダーの良さに感銘を受けた私としては楽しみでならない。

(2020年暮れ)関係者向けの内覧会があったらしく、いくつか記事が上がっている。 一点気になっているのが、メニューが変わって GR と同じ UI になっているところ。これはどうなのかなぁ、、、 個人的には、GR III のメニューって(何故か)分かりにくいと思っているので。(GR はスナップシューターなので一々メニューを開くことがないから気にしないでいるのだけど。) タブが上じゃなくて左に来るのは慣れでなんとかなると思うけれど。 使ってみないと分からないですが、メニューの変更は少し心配。(撮ってる最中、メニューは(ほぼ)開かないから気にならないかもしれないけども) というか、早く使いたいぞ〜!早く出して〜!!

Last modified:2020/11/01 20:25:29
Keyword(s):
References:[Asahi Pentax 67] [C. K. S. Minolta35 II] [Camera] [Minolta M ROKKOR 90mm F4]