PENTAX *ist D

2003年9月発売の、世界最小最軽量(当時)デジタル一眼レフカメラ。PENTAX 初の Kマウントデジタル一眼レフカメラでもある。有効画素 610万画素の APS-C サイズ CCD センサー、記録メディアは CF カード(PENTAX では *ist D のみで、他はすべて SD カード)、バッテリーはCR-V3二本 or 単三電池4本。なお手ブレ補正 SR はまだ付いていない時代。発売当時、店頭価格 20万くらいだったらしい。メカニカルな部分はフルサイズの機構を使っているとかなんとか。(ミラーボックスとかフルサイズ用だからデカイ!)気合い入れて作られた初代だから、おそらくコストが一番掛かっているはず。

 PENTAX_istD.jpg 今見ても洗練されたデザインですよね!

(2019/01/26)激しい雪の夜、可部のキタムラさんに立ち寄ると、中古棚の中に「センサーの汚れあり」でなんと 1000円(!)の値札が付いた *ist D !!PENTAX ユーザの味方、ペッタン棒を使えばセンサーの汚れなんて何でもないことなので確保。 CF カードやカードリーダは手持ちがあるし、電池は ecoful を使えばいいし、追加で購入品は CR2016 一個(100円)だけ ;-)

翌日夜、ペッタン棒でセンサーの汚れを丁寧に除去。クリーニングペーパー&クロスで外装をきれいにしながら全体の様子を再確認してみると、ボディに使い込んだスレなどがほとんど見当たらない。どうやらあまり使われていなかったもののようだ。試写して exif 情報をみてみると、シャッターカウント数に相当すると思われる frame number が 1700 程度ととても少ない。 思い返してみると、お店の棚には他にも PENTAX なカメラ群(銀塩機 LX 2000 とか MZ-S とか P30 とか、、、)がまとまって入っていたので、銀塩時代からの PENTAX ユーザが使っていたカメラ群の一台だった可能性が高そう。そう考えるとシャッターカウントが少ないのも不思議ではないかな、と。 さらに firmware を調べてみたら ver. 1.0 のまま。もし使い込んでいるなら firmware update するだろうから、やはりそういうことじゃないかと思う。

 PENTAX_istD_K1.jpg

結果的に何だかとんでもない掘り出し物だったなぁ。 CCD センサー&単三電池&Kマウントと三拍子揃ってる上に、PENTAXの初代デジタル一眼レフなんですもんね。しかもほとんど使われていなかったっぽいという。PENTAX を偏愛する私のところに来てくれてありがとう ;-)

ちなみにググってみると *ist D を分解している人たちのページ(こことかここ)が見つかった。(内部の組み付けの構造が MZ シリーズとよく似てる ^-^;;)これらのページを見た限りでは、MZ シリーズよりも半田付けが少なく分解は楽そうな感じだ。まぁ、特に必要がない限りバラさないつもりだけど、もし必要があれば自前整備とかできそう。(とか言ってて、すぐにバラしたがるからなぁ > 私)

ひとまず firmware のアップデートをするかな :-) → 最新に上げた。

今だからこそかもしれないが、手ブレ補正が無いことがひとつの特長になっているかもしれない。ホールディングに気を抜くと簡単にブレる ^-^;; そいういう意味でもフィルムカメラに近いかも。 逆説的に、普段使っている KP や K-1 の手ブレ補正の威力を痛感するとも言えるかな :-p

シャッター音を聞くと、MZシリーズを使っているような気分に。これも歴史的名機だなぁ。大好きな DA14 や SMC DA Limited とか付けてパチリ。

Last modified:2019/01/28 13:40:21
Keyword(s):
References:[ジャンクな銀塩カメラたち] [Camera] [DA14mmF2.8 ED[IF]]